一番星について

(関東一早い新米です!!)

「一番星」 潮来市の美味しいお米シリーズ.2

「一番星」のふるさと潮来市

 潮来市と潮来市大規模稲作研究会では、平成21年から、米どころ水郷・潮来の"希望の星"となるべく期待を込めて、茨城県の新たな早生品種「一番星」の育成に取り組んで参りました。平成24年には潮来市で産地品種銘柄申請を行い、平成25年には全国初の生産・出荷を行っています。大粒で、モチモチした食感が特徴で、冷めてからも美味しさは変わらず、おにぎりにも最適です。

◎一番星の特性

  • ☆熟期は県南部で「あきたこまち」よりも3日早い
  • ☆耐冷性・高温耐性は「あきたこまち」よりも強い
  • ☆収量は「あきたこまち」と同じ
  • ☆食味・品質は「あきたこまち」と同等で良質
  • ☆米粒は厚みのある大粒

「あきたこまち」よりも早い出荷が可能で、早場米に適しています。

◎特別栽培米で新鮮真空パック

 早生品種では稀な特別栽培農産物の取り組みを行い、今後この栽培を主軸にする予定です。また、鮮度保持、精米したて(酸化防止)をお届けするため、ご希望の皆様には真空パックを行います。